シドニーの無料観光スポット10選  美術館 図書館 公園に行くなら要チェック

  • ブックマーク
  • Feedly

こんにちは、シドニーワーホリ中のBellaです(@bellabella8383

今回はシドニーの無料観光スポット10選を紹介します。

シドニー市内から徒歩、またはバス圏内で行けるスポットを中心にそろえました。

シドニーといえば「海」をイメージするかもしれませんが、さすが芸術と自然の国、オーストラリア。

  • 美術館
  • 図書館
  • 公園

これらが無料で楽しめるんです!

シドニーならではの無料観光スポットを体感したいなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.シドニー現代美術館(Museum of Contemporary Art Australia)

シドニー現代美術館は、海を挟んでオペラハウスの向かい側にある、現代アートが楽しめる美術館です。

3階は有料エリアですが、2階までは無料で鑑賞できます。

ここはなんと言っても、屋上のカフェの眺めが最高! デートスポットとしてもよさそうです。

<シドニー美術館の情報>
名前 シドニー美術館(Museum of Contemporary Art Australia)
住所 140 George St, The Rocks NSW 2000 オーストラリア
営業時間 10:00〜17:00(水のみ21:00まで)
公式サイト https://www.mca.com.au
アクセス方法 Circular Quay駅から徒歩4分

2.ロイヤル植物園(Royal Botanic Gardens)

ロイヤル植物園は、季節ごとの「花」を楽しめる植物園です。

オーストラリアの植物はどれも大きいのが特徴。その大きさは「樹齢何年?!」と、ツッコミたくなるほど。笑

私はこのボタニカルガーデンから見えるオペラハウスと、ハーバーブリッジの景色が大好きなんです。あんまり人通りも多くないので、そこもオススメ。

ところどころにいる、コアラが可愛くてお気に入り。これはオペラハウスの指揮者風?

<ロイヤル植物園の情報>
名前 ロイヤル植物園(Royal Botanic Gardens)
住所 Mrs Macquaries Rd, Sydney NSW 2000 オーストラリア
営業時間 7:00〜20:00
公式サイト https://www.rbgsyd.nsw.gov.au/
アクセス方法 Circular Quay駅から徒歩4分

3.ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館は、無料なのにたくさんの展示物が見ることができる贅沢な美術館。

「暇さえあれば行く」という、熱血なファンもいるとか?!

こちらもカフェが併設されているので、ゆっくり贅沢な時間を過ごせそう。

<ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館の情報>
名前 ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)
住所 Art Gallery Rd, Sydney NSW 2000 オーストラリア
営業時間 10:00〜17:00(水のみ22:00まで)
公式サイトhttps://www.artgallery.nsw.gov.au/
アクセス方法 Martin Place駅から徒歩9分

4.ニューサウスウェールズ州立図書館(State Library of New South Wales)

ニューサウスウェールズ州立図書館は、美しく並べられた本がまさに「アート」な空間。

こんな素敵な場所で勉強できるなんて、特別な気分になりますよね。

この図書館には約500万冊もの本が収蔵されており、敷地も広く、カフェや土産物店もあり、絵画の展示がしてある美術館まで併設されています。

大通り沿いから見える図書館の入り口は、立派すぎて図書館とは信じがたいほど。ぜひここ、写真撮影をしてください!

<ニュー・サウス・ウェールズ州立図書館の情報>
名前 ニュー・サウス・ウェールズ州立図書館(State Library of New South Wales)
住所 Macquarie St, Sydney NSW 2000 オーストラリア
営業時間 月〜木 9〜20時/ 金 9〜17時/ 土日 11〜17時
公式サイト https://www.sl.nsw.gov.au
アクセス方法 Martin Place駅から徒歩3分

5.オーストラリア国立海洋博物館(Australian National Maritime Museum)

オーストラリア国立海洋博物館は、オーストラリアの海洋の歴史を学べる博物館。潜水艦、大砲、海洋生物の標本や骨格標本が見学でき、ツアーもあるそう。

無料エリアは限られておりそこまで大きくないですが、シドニーでも有名な施設の「ダーリングハーバー内」にあるので立地は最高。

無料とはいえ入場の際にはスタンプが必要なので、必ず受付に立ち寄ってくださいね。

有料エリアは充実した展示物が見れるそうなので、次回行ってみようと思います!

<オーストラリア国立海洋博物館の情報>
名前 オーストラリア国立海洋博物館(Australian National Maritime Museum)
住所 2 Murray St, Sydney NSW 2000 オーストラリア
営業時間 9:30〜17:00
公式サイト https://www.sea.museum/
アクセス方法 Town Hall駅から徒歩12分

6.シドニー・セント・メアリー大聖堂(St Mary’s Cathedral)

外観だけでなく、内装もとても美しい大聖堂。中に入ると、独特な空気が漂っており冷んやりしています。

ヨーロッパに訪れたような美しい建造物は、カメラに絶対に納めたいものです。ぜひ勇気を出して中に入ってみてください。

<シドニー・セント・メアリー大聖堂の情報>
名前 シドニー・セント・メアリー大聖堂(St Mary’s Cathedral)
住所 St Marys Rd, Sydney NSW 2000 オーストラリア
営業時間 6:30〜18:30
公式サイト https://www.stmaryscathedral.org.au/
アクセス方法 St James駅から徒歩4分
その他 毎週日曜日10:30から無料ツアーあり/露出の多い服や帽子は禁止/館内飲食禁止

7.シドニー大学(The University of Sydney)

ハリーポッターの世界に迷い込んだかのような、シドニー大学の外観。

シドニー大学内のメインキャンパスやその他エリアは、学生ではない方も無料で入場できます。

博物館、美術館、劇場が併設され、観光が可能。有料キャンパスツアーに申し込めば、シドニー大学の歴史を知りながら観光も楽しめます。

その他には「セルフガイドツアー」もあります。シドニー大学をガイドなしで堪能できる、推薦されたコースが載ったガイドブックがあり、それを観ながら自分で大学内を観光する、というもの。

シドニー大学内の様子はこちら。

中に入ってみると、何組かのカップルがウエディングフォトの撮影をしていました。とても大学とは思えません。

▲ストリートアートで埋め尽くされた、こんな地下道もあります。

メルボルンではよく見かけた、ストリートアート。シドニーでは珍しい。

大学の敷地内でピクニックを楽しんでいる人もいるよう。海外の学生気分を味わっちゃいましょう!

<シドニー大学の情報>
名前 シドニー大学(The University of Sydney)
住所 オーストラリア 〒2006 New South Wales, キャンパーダウン
営業時間 こちらをご確認ください
公式サイト https://sydney.edu.au/
アクセス方法 こちらをご確認ください

8.グリーン・スクエア図書館(Green Square Library)

2018年9月にオープンしたばかりの、グリーン・スクエア図書館。

6階建のガラス張りのビルが特徴的です。

この図書館の目玉といえば、この光景!

View this post on Instagram

📕📗📘📙📒

A post shared by Jayvee (@jayveecc) on

インスタで見つけて衝撃だった、虹色の本棚。「インスタ映えのために作られた」といっても過言ではないでしょう。笑

写真好きな方は、ぜひお見逃しないように。

場所はシドニー市内から少し離れている、Green Square駅付近にあります。日曜日は休館日なので注意してくださいね。

また、こちらもカフェが併設されていますので、休憩がてら立ち寄ってみるのもいいかも。

<グリーン・スクエア図書館の情報>
名前 グリーン・スクエア図書館(Green Square Library)
住所 355 Botany Rd, Zetland NSW 2017 オーストラリア
営業時間 月〜木 10〜19時/ 木・金 10〜18時 / 土 10〜16時
定休日 毎週日曜
公式サイト こちらからご確認ください
アクセス方法 Green Square駅すぐ目の前

9.ホワイト・ラビット・ギャラリー(White Rabbit Gallery)

刺激的な現代アートをみたいなら、ホワイト・ラビット・ギャラリーへどうぞ。

私が行ったとき、中国からきたアートが集められていました。個性的なアートを無料で鑑賞できるのは、驚きです。

アートの他に、中に入って左手にある可愛らしいカフェもあります。

ぜひ立ち寄ってみてください。鳥かごがたくさんぶら下がっていますよ!

<ホワイト・ラビット・ギャラリーの情報>
名前 ホワイト・ラビット・ギャラリー(White Rabbit Gallery)
住所 30 Balfour St, Chippendale NSW 2008 オーストラリア
営業時間 10:00〜17:00
定休日 毎週月曜・火曜
公式サイト https://www.jnprojects.net/white-rabbit-gallery/
アクセス方法 Central駅から徒歩11分

10.バロンガルーリザーブ(Barangaroo Reserve)

変わった角度からハーバーブリッジがみえる、バロンガルーリザーブ。海と緑を楽しめる公園です。

静かな海の音を聴きながら、ゆったりとシドニーの街を眺められます。そして、目の前に通りすぎていく船。横目にある、ハーバーブリッジ。

ゆっくり散歩をしたい、海を眺めたいならぜひこのスポットへ。24時間空いているため、夜のデートスポットとしても活用できそう。

また、この公園はダーリングハーバーから徒歩圏内にあり、ロックス側からも歩いていけるので、他の観光スポットを楽しんだついでに寄るのもいいかもしれません!

ダーリングハーバーとは、シドニーの西部にある地区。レクレーション施設、ショッピング施設が集まる海沿いの有名観光スポット。ロックスとはハーバーブリッチ付近にある、古い町並みが特徴的な歴史的な地区のこと。

<バロンガルーリザーブの情報>
名前 バロンガルーリザーブ(Barangaroo Reserve)
住所 Hickson Rd, Barangaroo NSW 2000 オーストラリア
営業時間 24時間営業
公式サイト https://www.barangaroo.com
アクセス方法 Circular Quay駅から徒歩15分

シドニーの魅力は無料でも体験できる

以上が、シドニーの無料観光スポット10選の紹介でした。

シドニー市内を歩くだけでも十分楽しめますが、美術館や博物館で歴史を学びながら散策するのも、一味違ったシドニーを楽しめると思います。

ぜひシドニーに訪れる際は、紹介したスポットをめぐってみてくださいね。きっと新しい発見があるはず。

アディオス!

▲シドニーには他にも観光スポットが盛りだくさん。最新版の地球の歩き方を読んで、観光スポットを把握しておきましょう。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Bella

2019年5月からオーストラリアへワーホリ中。大学卒業後、3年半の社会人経験を経て、英語力ゼロからの海外生活初チャレンジ。オーストラリア滞在の目標は友達100人作ること