スリランカ鉄道に乗ろう コロンボからキャンディまで高原列車に乗れば絶景を楽しめる

  • ブックマーク
  • Feedly

こんにちは、Ruby(@Alcoholic_ruby)です!

スリランカ旅行で私の興奮がヒートアップしたのは、高原列車。

旅行前に高原列車について調べたところ、

「景色が美しく、絶対に乗るべき」

とあったので、友人と2人で高原列車を利用しました。

今回は高原列車とスリランカ鉄道について解説しながら、実際に乗ってみたレポートをします!

絶景が見える列車を「高原列車」と呼ぶ

引用元:スリランカ現地旅行会社 鉄道路線

スリランカには7つの鉄道があり、北から南まで鉄道がとおっています。

その中で、美しい景色がみえる路線を「高原列車」と呼びます。

スリランカといえば紅茶畑。

その紅茶畑がみれる鉄道を「紅茶列車」と呼ぶことも。明確に「高原列車」があるわけではないのですが、「美しい景色がみえる路線=高原列車」として、スリランカ旅行では名物になっています。

また、スリランカ鉄道の特徴は、席が3つのランクに分けられていることです。

1等完全指定席、要予約制、日本の新幹線に似ている
2等自由席、日によって座れないこともある、観光客が主に利用する
3等安いので地元の人がよく利用する、激混み

私は今回、2等でコロンボ〜キャンディの区間を移動しました!

2等の席で300ルピー(180円)くらいでした。

高原列車に乗ってみた 色々な人種が集まり席の確保は争奪戦  

ホームには、いろいろな人種の人々。

「人が多いから座れない」と聞いていたので早めに並んでいました。その時には周りにほとんど人がおらず「絶対座れるだろう!」と思っていました。

ですが、列車到着5分前になるとぞろぞろと観光客、現地のスリランカ人が集まり、ホームは激混み。

列は存在しなく、日本人の常識は通用しないのだと実感しました。

そして、いざ列車が到着すると、ホームは大パニック!

列車にはドアがついてなく開けっ放し。列車が停車する前に現地人、旅慣れしている小汚いバックパッカーがどんどん乗り込んでいきます。

席確保のため友人に荷物をあずけ、モラルと譲りあい精神を捨て、パニックの中に飛びこんでいきました。イメージは「クレヨンしんちゃん」に出てくるみさえが、バーゲンで服を奪いあうシーンのような感じ。

手ぶらで身軽な私は、大柄な男性の間をくぐり抜け、なんとか窓側の席を確保。

今まで感じたことのない達成感!

ものすごくアドレナリンが出た瞬間でした。落ち着いたころに、しれっと友人が乗車。無事乗れただけでヨシとしましょう。笑 

そして列車が動き出し、山を登っていきます。

私は窓の外に目をむけたとき、言葉を失いました。

テレビで見たことがある景色。本物だと思えないぐらい美しい景色でした。

リアル「世界の車窓から」です。

心なし、BGMが聞こえてきそうでした。笑

スリランカ高原列車の主なルートは3つある

「高原列車」と言われている主なルートは、以下の3線です。

  1. コロンボ〜キャンデイ
  2. キャンデイ〜ヌワラエリア
  3. コロンボ〜ゴール

コロンボ〜キャンデイ➡︎スリランカの町並み、人々の生活の様子がみれます。

キャンデイ〜ヌワラエリア➡︎1面に広がる紅茶畑がみれます。この区間は「紅茶列車」と呼ばれることも。

コロンボ〜ゴール➡︎スリランカの海沿いを通るルートなので、延々とインド洋が楽しめます。

高原列車の時刻表は、ネットで事前に調べられます。

以下のリンク先にアクセスすると「start station」、「end station」が出てきます。「start station」には出発地を。「end station」には目的地を選択してください。

この2つは要選択です。そして「search」を押すと、時刻が出てきますよ!

スリランカ旅行するなら絶対高原列車に乗ってほしい

これからスリランカ旅行をして、もし時間に余裕がある方は、ぜひ高原列車に乗っていただきたいです。

競争率も高く、座れない可能性も高いのですが、せっかくの移動時間もスリランカを味わっていただきたい。

リアル「世界の車窓から」を体験してきてくださいね!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Ruby

小学生時にインターナショナルスクール、5年生で飛び級し、オーストリアの小学生へ転校&卒業。大学時代はアメリカ、シアトルに留学。社会人を経験後、ニュージーランドへワーキングホリデーへ。日本で再度就職したのち退職。2018年5月、マレーシアで再就職。巨大うさぎと2人暮らし。