東南アジアへバックパッカー 1ヶ月間女ひとり旅を決意した理由

  • ブックマーク
  • Feedly

みなさんこんにちは、ルビーです(@Alcoholic_ruby

いろいろな国に旅をし、マレーシアに転職して移住中の私。

こんなアクティブな性格になったきっかけのひとつが、東南アジアへ1ヶ月間の旅をしたことです。

ただの旅ではありません。よく知らない東南アジアの土地へ、バックパッカーを背負い、女ひとりで行きました。

では、なぜ東南アジアに行こうと思ったのでしょうか?

この長い旅を決意した当時、人生に悩んでいた真っ只中でした。傷ついた心を癒す、傷心旅行。もしくは「心の洗濯のため」といってもいいかもしれません。

今回は旅を決意したきっかけをお話しします。

1年間続けた多忙な日本での生活 自暴自棄になり旅を決意

ニュージーランドでのワーキングホリデーを終え、日本で再就職した私はジムのパーソナルトレーナーとして働いていました。

そのジムの名前は「メイドジム」。

名前の通りメイドの格好をしたトレーナーが、マンツーマンでトレーニングを教えるコンセプトのジムでした。

▲なので、制服はメイド服

今はもう、恥ずかしくて着れません。笑

悲しいことに、フィットネス関係のお給料はお世辞にもよいとは言えず。

パーソナルトレーナーのほかに、フィットネスジムのスタッフ、居酒屋で夜勤と3つの仕事を掛け持ちし、忙しい日々を送っていました。

そのうえ、ニュージーランドで体重が5kg増えた私は、ジムで働いていても恥ずかしくない身体を手に入れるために、1日1食の超ストイック生活を続けていました。

▲ニュージーランドのホビット村にて

1日1食生活と3つの仕事をかけ持ちする、努力と我慢の甲斐あって、目標体重と目標収入を手に入れていました。

▲1日1食生活をして、ベストスタイルだった頃

ですが、そんな無理な生活を続けられるわけもなく。

ある飲み会に参加したのがきっかけで、我慢の糸がプツンと切れてしまいました。本当に切れる音が聞こえるくらい。その瞬間、すべてがどうでもよくなってしまったのです。

その日は普段絶対口にしない揚げ物、チーズ、スイーツの嵐。吐くまで食べました。

その日からいくら努力しても体重は増えるいっぽう。仕事は忙しく、すべてのストレスは食欲へ変わっていきました。食べては泣いて、吐いて、泣いて、また食べる。

あんなに頑張って落とした5kgは、ほんの2週間でリバウンド。その時、私はひらめきました。

そうだ、海外へ逃亡しよう!

3つの職場に相談し、1ヶ月お休みをいただき、旅に出るのを決意。

友人

海外にひとりで行けるなんてすごい! 怖くないの? 危なくないの?

と、友人によく聞かれましたが、むしろ日本で働き続ける方がすごいと思います。

仕事を掛け持ちしないと、十分な給料はありません。精神的や時間の自由もほとんどない。私にとっては、日本で働き続ける方が身の危険を感じました。

旅の目的地は安くて近い東南アジアへ ラオスで象使いの資格を取る

旅に行くとなって、まず何を考えるか。

1番は、お金と時間です。

今回は1ヶ月もあるので、時間の問題はクリア。1ヶ月も休める友人はいるわけもなく、旅は必然的にひとり旅になります。

私の「死ぬまでにやることリスト」を見ながら、スキューバダイビングの資格をとりに行くか、ヒッチハイクで旅してみるか、計画を立てていきます。

▲「My 100」というアプリがあり、そこにやりたいことを100コ書き出しています

考える中、仲のよい旅仲間が「ラオスで象使いの資格を取りにいきたい」と言っていたのを思い出しました。

「そもそも、ラオスってどこ?」レベルの認知度でしたが、東南アジアだったら安くて近いからいいかも。

東南アジアに絞り、旅をすると決めました。

東南アジアのどこに行こう? ベトナムを軸に旅程を立てる

ラオスで象の資格をとりに行く目標ができました。

Googleマップを開き、ラオスの位置確認。

近隣の国へのアクセスを調べながら、計画を立てます。Skyscannerで航空券を見ながら、できるだけ陸路で移動できそうな旅程を立てます。

せっかく汗水流して稼いだお金。航空券代金ですべて消えるのは悔しい。

そんなこんなで決まったのは、

ベトナム→ラオス→タイ→カンボジア→韓国→日本

というプランでした。

成り行きに任せて旅をしたかったので、

  • ベトナム行きの航空券
  • 到着した日の宿泊場所

だけ確保。

航空券は9000円くらい。

「ホステル」と呼ばれる、バックパッカー向けの安い宿泊施設の料金は110円でした。

東南アジア生活に慣れるため出発1週間前から湯シャンする

さて、行き先も決まり、準備に取りかかります。

現地のことをある程度調べ、できるだけお金の使わない方法を考えました。現地の文化にあわせ生活できるように、旅行1週間前からシャンプー、コンディショナーを使わず湯シャンで頭を洗うように。

預け荷物のないLCC(格安航空会社)でコンタクトの洗浄液を持って行ったら、それだけで機内持ち込みの規定内ギリギリ。

荷物はリュック1つと袋1つ。中には薬、コンタクト用品、化粧品、下着3セット、Tシャツ3枚、ズボンとスカート1着ずつ。荷物も最小限に抑えたかったのです。

女子力のかけらもない、最低限の荷物で初のバックパッカー。家族に見守られながら、東京成田から出発したのでした。

女ひとりで東南アジアを1ヶ月間をどのように過ごしたのかは、次回の記事をお楽しみに!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Ruby

Ruby

小学生時にインターナショナルスクール、5年生で飛び級し、オーストリアの小学生へ転校&卒業。大学時代はアメリカ、シアトルに留学。社会人を経験後、ニュージーランドへワーキングホリデーへ。日本で再度就職したのち退職。2018年5月、マレーシアで再就職。巨大うさぎと2人暮らし。