マレーシア移住者の休日の大人な遊び方 ルーフトップバー クラブ 小旅行まで

  • ブックマーク
  • Feedly

こんにちは、マレーシア移住中のArisaです(@arisawilliams

私は新卒でマレーシアのとある企業に就職しました。仕事はシフト制、決まった曜日に休みはありません。

でも、マレーシアは休日を楽しめる環境が整っています。たった1日の休みでも、思う存分に楽しめるんです。

東南アジアに住んでいるからこそできる、休日の過ごし方をご紹介します!

▲マレーシアの平日過ごし方はこちら。仕事があっても充実したプライべート時間を過ごせます

週末はルーフトップバーでナイトライフを楽しむ

実はクアラルンプール(以下、KL)は、おしゃれなバーの宝庫なんです!

日本に住んでいたらな行きにくいようなホテルのBARや、ツインタワーが見えるルーフトップバーが手軽に楽しめます。

ペロトナスツインタワーが見えるルーフトップバーは、マレーシアの観光スポットとしても大人気。

ルーフトップバーと聞くと、テーブルチャージがかかるのではないか。高いのではないか。というイメージがありますが、マレーシアでは1杯でもお酒を買えばテーブル席に案内してもらえるBarがほとんどです。

特におすすめなルーフトップバーは、

  • Marinis on 57(マリーニオンズ57)
  • Heli lounge bar(ヘリラウンジバー)
  • Wet deck (ウッドデッキ)

この3件。

どれも絶景です!

Marinis on 57 ツインタワーを直近にしっぽり飲みたいならココ

Marinis on 57は、文字通りビルの57階にあるルーフトップバー。エレベーターを2回乗り継いで、やっとたどり着けます。

お店からはツインタワーがすぐそこに…!

大人の雰囲気で高級感も満載、それにKL中でツインタワーを一番近くに高い位置から見ることができるのは絶対にここです。

音楽もいい感じ。クラブのように騒がしくなく、テラス席もあるので「しっぽり飲みたい気分」の時にはピッタリです。

友人が日本から遊びにきた時は、絶対に連れていいっています。それほどハズレがない、おすすめのbarです。

<Marini’s on 57の情報>
店名 Marini’s On 57 | Rooftop Bar, Italian Restaurant & Whisky Lounge
住所 57 Menara 3 Petronas Persiaran, Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
営業時間 17時〜25時30分 金・土のみ17時〜27時
公式サイト https://marinis57.com/
ドレスコード こちらを要確認
アクセス KLCC駅から徒歩8分

Heli lounge bar ビルの屋上でマレーシアの夜を楽しめる

Heli loung barはカジュアルな雰囲気があり、外国人観光客にも人気のルーフトップバーです。

KLのランドマーク、KLタワーとツインタワーの2つが見えちゃう穴場スポット。昔、本当にヘリポートとして使われていたことから、この名前がついたそう。

ビルの屋上でお酒が楽しめる、Heli loung bar。なんと、外とBarの空間を区切るのは、細い1本のロープだけ。笑

端まで行って、落ちてしまわないよう注意ですね!

このルーフトップバーは34階にあります。そこまで高くはないですが、屋外で常夏の夜を感じながら、カジュアルに飲むには最適な場所です。

<Heli Lounge Barの情報>
店名 Heli Lounge Bar
住所 34 Menara KH, Jalan Sultan Ismail, Bukit Bintang, 50450, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
営業時間 月水18:00〜24:00 木18:00〜02:00 金土18:00〜03:00
公式サイトhttp://www.kuala-lumpur.ws/magazine/heli-lounge.htm?fbclid=IwAR1WtsP5_hrx69fGXIxNNH3-xVEM3PD55-jyFYTTYoaSZpxMDFGgHidPt8A
ドレスコード 21時以降はスマートカジュアル
アクセス Raja Chulan駅から徒歩3分

Wet Deck  高級ホテルのBarを安く利用できるのはマレーシアだから

WET DECKは、東南アジアを中心に人気の高い「Wホテル」のbarです。

ツインタワーは目の前。贅沢な気分でお酒を飲めます。

Wホテルは5星。ドレスコードがあるので、Barに行く際はスマートカジュアルな服装にしましょう。

ドリンクは1杯40〜50リンギット(1300円)から楽しめます。高級ホテルでこのお値段。かなりお得感ありませんか?

<Wホテル クアラルンプールの情報>
店名 W クアラルンプール
住所 No. 121, Jalan Ampang, Kuala Lumpur, 50450 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
営業時間 10:00〜25:00
公式サイト https://www.marriott.com/hotels/travel/kulwh-w-kuala-lumpur/?scid=bb1a189a-fec3-4d19-a255-54ba596febe2
ドレスコード スマートカジュアル
アクセス KLCC駅から徒歩6分

ちょっと元気があるときはクラブへ

「踊りに行きたい!」という気分にあったスポットが、マレーシアにはたくさんあります。

KLの有名クラブと、クラブとまではいかなくとも、お酒が飲めて踊れるスポットをいくつか紹介します。

若者に人気なTREC マレーシアの夜の遊び場

特に若い人たち人気なのが「TREC」というクラブやバーが集結しているエリア。

東南アジアで一番フロア数が多いとされているクラブ「ZOUK」を筆頭に、道の両脇にずらりとBarが並んでいます。

「クラブ」と聞くと、少し怖いイメージを持っている方もいるかもしれません。

ですが、マレーシアではそんなことはありません。

チャイニーズ系の若い子たちは週末に大勢でクラブに行って、みんなでボトルのお酒を空ける、という遊び方は鉄板のよう。

最高なのが、日本では「終電を逃したら始発まで待たなきゃ…」となりますが、マレーシアなら疲れて帰りたくなれば、grabを呼びます。

タクシー代は安く、すぐに来る。どんな自慢話に疲れても、すぐに帰れちゃいますよ。笑

チャンカット・ブキビンタンのBar 女性ならお得に飲める

Barが密集している地域のひとつに、観光客に人気の「チャンカット・ブキビンタン」というエリアがあります。

近くには「アロー通り」という屋台料理が楽しめるストリートがあり、ごはんを食べてから飲みに行くこともできます。

ブキビンタンのあるBarのよいところは、多くのお店が深夜1時くらいまで「レディースナイト」を実施していること。女性は安く、もしくはお店によっては無料で飲み放題なんてところも!

そしてここのエリアにはありがたいことに、遅くまで営業している足マッサージ店が豊富にあります。疲れた後はマッサージを受けて帰宅、というリッチな遊び方も。

ちなみに、足マッサージの相場は1時間RM50。日本円だと1300円くらい。

受けずに帰るわけがありませんよね……!

▲マレーシアの「夜遊び」について詳しく知りたい方はこちら。ナイトマーケット、ルーフトップバー、クラブを詳しく解説しています

2連休は国内外小旅行に出かける

仕事がシフト制なので、2連休はかなり貴重。

2連休ができるとわかると、前後のシフトを見ていけそうなら、旅行計画をすぐに立てます。笑

航空券も安く、リゾート地に気軽に行けるのもマレーシアの魅力です。

実はマレーシア移住をしてから、色々な国を訪れましたが、ほとんど2連休を使って旅行をした国ばかりなんです。

最近遊びに行ったシンガポールと、タイのパタヤについて紹介します!

遊びが全て揃っているシンガポール 何度行っても飽きない

▲シンガポールのtanjong beach club(タンジョン ビーチクラブ)にて

2年で5回も訪れている、シンガポール。

航空券が安く距離も違いのもありますが、ショッピング、ビーチ、ナイトライフなど。すべてが揃っているので、何回いっても飽きません!

旅行というよりは、お出かけのような感覚です。

実は年越しにあった2連休にシンガポールに行き、お正月はビーチクラブで過ごしました。

これが、本当に最高でした!!!

太陽の下でお昼寝をして、プールに入って、ちょっとお酒を飲んで海で泳いで……。

飛行機で1時間かけて移動すれば、こんな休日が過ごせます。マレーシア、最高ですよね。

<Tanjong Beach Clubの情報>
名前 Tanjong Beach Club
住所 120 Tanjong Beach Walk, Sentosa, シンガポール 098942
営業時間 月~金11:00〜19:00 土日9:00~22:00
公式サイトhttps://www.tanjongbeachclub.com/reservations
アクセス Tanjong Beach駅から徒歩2分

スリル満点 パタヤタワーからのジャンプは経験するべし

ビーチリゾートとして知られる、タイのパタヤ。

パタヤを訪れたら、絶対にやっておきたいアクテビティがあります。

それは……パタヤタワーからのジャンプ!

▲Pattaya Tower(パタヤタワー)にて

ケーブルにぶら下がり、ジップラインのように1番下まで下降します。

しかもこのパタヤタワー、そこそこ年季が入っています。ジャンプする高さは170m。それだけでも怖いのに「安全性は大丈夫?!」と心配になりますが、まったく問題なし。

パタヤの景色を一望できて爽快でした!

▲イメージ動画はこちら。開始1:00あたりでジャンプしています

このように2連休があれば海外旅行も国内旅行もいけるのは、マレーシアに住むの醍醐味の1つだと個人的には思っています。

旅行好きな方なら特に、楽しい休日を過ごせるのではないでしょうか!

<Pattaya Towerの情報>
名前 Pattaya Park Tower
住所 Unnamed Road, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
営業時間 24時間
公式サイトhttps://www.facebook.com/PattayaWorld
アクセス South Pattaya駅からタクシーで15分

仕事 遊び 休息 メリハリ感があるからこそマレーシアを満喫できる

今回、マレーシアライフの休日の過ごし方について紹介をしてみました。

もちろん、すべての休日をアクティブに過ごしているわけではありません。仕事で疲れていたら、家でゆっくりすることも。

仕事を頑張る。元気な時は思いっきり遊ぶ。疲れている時はゆっくり休む。このメリハリ感が持てる、マレーシアがいいんです。

やっぱり仕事もプライベートも充実していないと、どこの国にいても楽しめないはず。

私のマレーシア生活が参考になれば幸いです!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Arisa

Arisa

日本育ちの日本×イギリスのハーフ。大学生の時に経験した東南アジア旅をきっかけに海外移住を考えはじめ、新卒で就職するためマレーシアへ移住。幸せに住める場所を探し続けています!