日本を脱出してマレーシア移住した話 転職をくり返し海外が私の居場所になった

  • ブックマーク
  • Feedly

こんにちは、ルビーです(@Alcoholic_ruby

現在、マレーシア移住をして旅行関係の仕事をしています。

前回の記事で「日本でフリーターをしている最中、日本にいるのが嫌になり東南アジアへひとり旅をする決心をした」という話をしました。

その後に、マレーシア移住をしました。

なぜ日本が嫌になったのか、マレーシア移住しようと思ったのか。今回はその理由と経緯をお話しします。

幼い頃から成人するまで、海外に滞在。日本でブラック企業に就職するも、退職して3つの仕事を掛け持ちするフリーターになってみたり。

こんな経験の中で、好きなことを仕事にする決意ができたこと。また「海外が性に合っている」と気がついたのが大きな理由でした。

▲東南アジアへ1ヶ月間ひとり旅をする決心をした記事はこちら

私は幼い頃から海外で過ごしたバイリンガルです

現在、マレーシアに移住中の私。

日本語と英語の2ヶ国語を話せるバイリンガルです。バイリンガルになれたのは、幼い頃から海外に滞在していたから。

小学生 オーストラリア留学
高校生 イギリス短期留学
大学生 アメリカ留学
成人  ニュージーランド(ワーホリ)

このような珍しい人生を送ってきました。

海外生活ばかりではなく、大学卒業後、一般企業に勤めていた時期もあります。

▲社会人1年目の私

ニュージーランドでのワーホリは社会人1年目を経験し、退職してから行きました。

マレーシア移住するまでの経緯をまとめると、

2015年4月 一般企業に入社
2016年2月 1回目の退職
2016年2月 ニュージーランドへワーホリへ
2017年2月 ワーホリから帰国
2018年2月 日本でフリーター生活
2018年4月 2回目の退職
2018年5月〜 マレーシアへ転職と移住

という流れです。

全部で2回の退職。

1回目の退職理由は、ブラック企業だったから。

2回目の退職理由は、自分の可能性を信じ、好きを仕事にする決意をしたからです。

サービス残業 差別 セクハラありの職場 ワーホリが救ってくれた

大学卒業後、ブラック企業に就職。

毎日サ-ビス残業。有給は結局1回も使えないまま、退職しました。

勤めていた頃は、毎日1時間半かけて通勤。仕事では理不尽なことばかり。本当に辛かったのですが、感覚がマヒしていき、長時間の通勤や理不尽さを我慢するのは、当たり前になっていきます。

営業職だったので周囲には男性が多く、遠回しに差別的な発言をされることも。明らかにおかしいのに「頑張っている私は偉い!カッコイイ!」と思うようにもなります。

こんな状況でも、自分がしている仕事は間違っているか、本当にやりたいことなのか、判断がつけばいいのです。

しかし、私は完全に判断を誤っていました。日本の就職活動の流れにのまれ、まったく興味のない仕事に就き、興味のないものを売る。しまいには、上司のセクハラ。

今思い出しても、恐ろしいです。

そんなことがあっても日本特有の価値観の「仕事を辞めるのは悪いこと」と考え、親にも相談できず、「辞められないなら死んだ方が楽」とも本気で思うことも。

そんな時、付き合っていた恋人が仕事をやめ、ワーホリに行くことになったのです。こんな簡単なきっかけで私は目が覚めました。

「やりたくない仕事に人生を費やしたくない!」
「もっと色々なことがしたい!」
「そうだ、私は旅行が好きだ!筋トレも動物も英語も大好きだ!」

仕事や生活で手一杯だと、自分を見失ってしまいがち。でも、私には可能性があると気づけました。

日本で感じていた苦しみを捨て、ニュージーランドへワーホリに行ったのです。恋人と一緒に。

▲ニュージーランドでワーホリ中の私

結局恋人と別れてしまい、それぞれの道を歩むことになりました。

でも、私に可能性があると教えてくれた彼には今でも感謝しています。

<ワーホリに行ってみたい女性へ>
今していることは、本当に自分のやりたいことですか? 一度きりの人生、本当は何をしたいですか?

実現できるかどうかは一旦忘れて、キラキラしている自分を想像した時、何をしているか考えてみてください。

今思うと、私がワーホリに行ったのは恋人と一緒に居たい、今の仕事から逃げたい。と、未熟な気持ちが大きかったかもしれません。

でも、そのおかげで今後の人生を考え直せる、よい機会になりました。

ワーホリ後3つの仕事をかけ持ちするフリーターへ

ワーホリから帰国後、日本で3つの仕事をかけ持ちしました。

  1. パーソナルトレーナー
  2. フィットネスジムのスタッフ
  3. 居酒屋の夜勤

トレーナーとして、よい身体でいなければならない。

その気持ちから、厳しい食事制限。反動で過食症のようになり、東南アジアへひとり旅をした話は以前の記事でしましたね。

▲トレーナー時代の私

その後、東南アジアから帰国。ふたたび3つの仕事をかけ持ちする生活を半年間続けます。

しかし、2回目の退職をします。

確かにかけ持ちをしていると、時間に余裕はありませんでした。でも、3つの仕事にやりがいもあり大好きでした。

では、なぜ好きな仕事を辞める決意をしたのか。

2回目の転職理由は、とてもポジティブ。楽しい生活以上に、自分に可能性を追求したかったからです。

<仕事で悩んでいる方へ>
仕事は楽しい。忙しいけど充実してる。でも、この先仕事を続けて何が得られるんだろうと、思っていませんか?

また、10年後もこの職場にいたいと素直に思えますか?

もし何か引っかかるなら、行動を起こす時です。もっと輝ける場所があるはず。

1度きりの人生「好きなことを仕事にする」決意を

楽しい職場、やりがいのある仕事。

ですが、私はそれ以上を望みました。

以前はまったく興味のない仕事をしたので、次は「好きなことを仕事にしよう」と決めていました。

私の好きなことはこの4つ。

  1. 英語
  2. 動物
  3. 筋トレ
  4. 旅行

ニュージーランドのワーホリ中は、副業で英の本を日本語に翻訳するバイトをしながら、牧場で牛の搾乳と子牛の世話の仕事をしていました。

子牛の世話は大変だったけど、本当に可愛くて楽しかったです。毎日朝4時起きでしたが、苦ではありません。それくらい動物が大好き。笑

英語と動物を仕事にするのは達成。

その後、日本でフィットネストレーナーの仕事を経験。筋トレも仕事になりました。

最後に未達成だったのが「旅行」です。

旅行に行くのは大好きですが、それではお金は稼げません。転職サイトを眺め、旅行関係で気になる会社に連絡をしました。

連絡をしたのは、3社。

1社目 外国人ターゲットの観光ガイド
2社目 海外クルージングの添乗員
3社目 マレーシアで旅行会社勤務

3社とも面接を受け、すべて内定。

どの会社に就職するのか。本当にやりたいことを自分に問いかけました。

考え方としては「何をしなかったら1番後悔するか」という消去法です。また、この会社で働いている自分を想像し、どの自分が1番輝いているか。どんな自分ならワクワクするかを考えます。

その結果、選んだのが「マレーシアの旅行会社」でした。

あともう1つ、大きな決めになったのが家族。

▲大好きな家族

自分の人生が1度きりなのと同じで、家族の人生も1度きり。両親が老いてから、行動を起こすのでは遅いのです。

家族には「もう少しだけ好きなことさせてね」と伝え、マレーシアに行く決意をしました。

ちゃらんぽらんな私を家族はどんな時も支えてくれた。感謝しかありません。

日本は好き でも私には海外があっていた

職場や環境を変えたいのに、一歩が踏み出せない。

変化には、必ず犠牲が伴います。だから、勇気が出ないのは当たり前なこと。

こうして私は日本からマレーシアに移住しましたが、「日本を出るのが正解」ではありません。日本で転職する、引っ越してみる。それでも十分カッコイイ。

ただ、迷っている方に伝えたいのは、自分らしく生きるための勇気をもってほしいのです。

マレーシアに住むんでみると、マレーシアにはこんな魅力があると気がつきました。

  • 物価が安く暮らしやすい
  • 税負担が少ないこと
  • 職場では誰もが対等なこと
  • 「細い=美しい」の価値観が薄い
  • 日本よりも便利に安くタクシー移動ができる

たくさん魅力があります。

決して、日本が嫌いでマレーシアにいるわけではないのです。日本食は美味しい。大好きな家族も友達もいる。もっと言うと、恋人は日本人がいいんです。

それでも私は海外にいる方が心地よく、自分らしく暮らせています。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Ruby

Ruby

小学生時にインターナショナルスクール、5年生で飛び級し、オーストリアの小学生へ転校&卒業。大学時代はアメリカ、シアトルに留学。社会人を経験後、ニュージーランドへワーキングホリデーへ。日本で再度就職したのち退職。2018年5月、マレーシアで再就職。巨大うさぎと2人暮らし。