シドニーから車で3時間 世界一白い砂浜 Hyams Beachに行ってみた

  • ブックマーク
  • Feedly

こんにちは、Bellaです(@bellabella8383

オーストラリアに「世界一白い砂浜」として、世界ギネス記録に認定されているビーチがあるのを知っていますか?

その名も、Hyams Beach(ハイアムズビーチ)

私はハイアムズビーチで行われる、キャンプ企画に参加しました。しかし、ハイアムズビーチ付近のキャンプ場は満室だったので、その近隣にあるハッキンソンビーチでキャンプ体験をしました。

今回は、

  • ハイアムズビーチ付近の立ち寄ってほしいスポット
  • キャンプ場の紹介
  • ハイアムズビーチへ行ったレポート

をお届けします!

ハイアムズビーチのキャンプ企画に応募してみた

世界ギネス記録に認定されるほど、美しいハイアムズビーチ。

オーストラリアでは意外と知られておらず、プライベートビーチのような穴場なスポットになっているそう。実際、私も知りませんでした。

ハイアムズビーチを知ったきっかけは、シドニー日本人コミュニティサイト。「キャンプをしませんか?」という投稿を見つけたのです。

キャンプ未経験の私は、すぐに応募。主催者1名、応募者3名の計4人でキャンプをすることに。

ハイアムズビーチから徒歩圏内のキャンプ場を予約したかったのですが、残念ながら満室。ハイアムズビーチから車で15分ほど離れた、Huskisson Beach(ハッキンソン・ビーチ)でキャンプをすることになりました。

また、ハイアムズビーチはシドニー市内から車で3時間ほどかかるので、日帰りだとゆっくり楽しめません。このビーチの周りには、安く泊まれるキャンプ場がいくつかあります。

もしビーチでゆっくり過ごしたいのであれば、キャンプをオススメします。今回私たちが泊まったキャンプ場については、後ほど詳しく説明します!

<Hyams Beachの情報>
名前 Hyams Beach(ハイアムズビーチ)
住所 98 Cyrus St, Hyams Beach NSW 2540 オーストラリア
公式サイト https://www.hyamsbeachhouse.com/
アクセス方法 シドニー市内から車で3時間程度

ハイアムズビーチと合わせて訪れたいKiama Blowhole 潮が吹き出す岩

ハイアムズビーチに向かう途中にある、Kiama Blowhole(キアマ・ブロウホール)。ぜひこちらにも立ち寄ってみてください。

キアマ・ブロウホールとは、波打ち際に大きな岩があり、その岩の隙間の穴から波が噴き出してくるという、不思議な現象が起きるビーチなのです。

ブロウホールとは「潮吹き穴」のこと。キアマは「海が音を立てる場所」という意味があるそうです。

近くでみると、迫力満点!

いつ大きな波がいつくるのか楽しみで、つい見入ってしましました。

海水浴ができるビーチではありませんが、岩に登ることができるので、風と塩の香りとあわせて大自然を感じられます。

また、このエリアは商店街もあるのでランチをするにも良さそう。私はオーストラリア名物フィッシュ&チップスを食べました!

<Kiama Blowholeの情報>
名前 Kiama Blowhole(キアマ・ブロウホール)
住所 Blowhole Point Road, Kiama NSW 2533 オーストラリア
公式サイト https://www.visitnsw.com/destinations/south-coast/kiama-area/kiama/attractions/kiama-blowhole

ハイアムズビーチ付近のキャンプ場は満室 Huskisson Beachでバーベキューを楽しむ

先ほど紹介した、キアマ・ブロウホールから車で1時間。

キャンプ会場の、Huskisson Beach(ハスキッソンビーチ)に到着しました。

お目当のハイアムズビーチでキャンプできないのは残念ですが、ハスキッソンビーチの美しさも負けてはいません。

最初このビーチを見たとき、砂浜の白さから「ここが世界一なのでは?」と錯覚したほど。

今回利用したキャンプ場は「Holiday Haven Huskisson Beach」です。

キッチン、トイレ、シャワールーム、コンセントあり。しかし、ホテルのような建物はありません。完全なキャンプ場です。宿泊料は1人38ドル(約2800円)でした。

▲設備はこんな感じ。文句なしの清潔さです。

▲冷蔵庫も完備。ここは室内のキッチンですが、バーベキュースペースは屋外にあります。

▲トイレとシャワー室

夜はみんなでバーベキュー!

そのあとはビーチに行って散歩したり、他のキャンプをしている人たちと混ざって歌ったり。海外のキャンプ場らしい夜を過ごせました。

翌朝、日の出をみに海辺を散歩。

朝晩は気温が下がるので、厚手の長袖を持参した方がいいかもしれません。

キャンプをした時期は11月上旬。夜は冷え込みました。

いざハイアムズビーチへ 貝殻すら落ちていない塩のような砂浜

どうですか!

写真だと白さが伝わりにくいのが悔しいですが「世界一白い砂浜」だけあり、真っ白のビーチです。歩くとキュキュと鳴ります。

驚いたのは、砂浜と海のキレイさ。ゴミは当たり前ですが、貝殻や海藻なども見当たらないくらい、何も流れていません。そして、波が穏やかなんです。

海水は鮮やかなブルーのグラデーション。

11月上旬の水は冷たい。でも、天気がよかったので入れました。天気がいいタイミングだと、色鮮やかな海と白い砂浜を見られるそう。前日は曇っていたので、ラッキーでした。

また、ハイアムズビーチは砂浜が広く、写真を撮るときに写真撮影の際に人が映りにくいのも嬉しいポイント!

「プライベートビーチ」と言われている理由もわかります。とはいえ、真夏は混雑します。シーズンをはずして行くのかオススメかも。

ハイアムズビーチにたった1つだけあるカフェ Hyams Beach Store & Cafe

ハイアムズビーチ周辺には、ほぼ何もありません。

その中で唯一見つけたカフェ「Hyams Beach Store & Cafe」に入ってみると、店内は混雑中……。

注文したハンバーガーは、ボリューミーで美味しかったです。

店内にはたくさんのハイアムズビーチの写真や絵が飾ってあり、眺めも抜群なのでぜひ行ってみてくださいね!

<Hyams Beach Store & Cafeの情報>
名前 Hyams Beach Store & Cafe
住所 76 Cyrus St, Hyams Beach NSW 2540 オーストラリア
営業時間 8:00〜16:00
公式サイト https://hyamsbeachcafe.com.au/

一生に一度は行きたい 美しいハイアムズビーチ

シドニーから車でいける、ギネス認定のハイアムズビーチ。

今まで見たことがない、美しい光景が待っていました。少し遠いですが、行く価値は絶対にあります。「一生に一度は行くべき」と、断言できるビーチです。

ハイアムズビーチにいったら、ほかのビーチでは物足りなくなってしまうかも。笑

ぜひあなたのその目で確かめてくださいね。

▲ガイドブックの用意はできていますか? オーストラリア旅行をするなら、地球の歩き方があると安心ですよ!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Bella

Bella

2019年5月からオーストラリアへワーホリ中。大学卒業後、3年半の社会人経験を経て、英語力ゼロからの海外生活初チャレンジ。オーストラリア滞在の目標は友達100人作ること