香港でグルメ三昧旅行 おすすめフード 人気スイーツ B級グルメまで一挙紹介

  • ブックマーク
  • Feedly

ネィホウー、ルビーです(@Alcoholic_ruby

みなさん、中華はお好きですか?

旅行にいくと必ず太ってしまう私ですが、増量覚悟で先日香港へいってきました。香港には中国南部と北部の料理はもちろん、飲茶、麺類、スイーツ、B級グルメまであります。

「美食の街」と呼ばれるだけのことはあり、

ご飯が美味しいんです!

今回は私が実際に食べたもの、美味しかったものを紹介していきます。

よだれを垂らさないよう、気をつけて読んでくださいね。笑

安くて美味しい屋台編

香港の主な観光地は2つ。

  1. 九龍(ネイザンロード、女人街がある)
  2. 香港島(ビクトリアピークなどのオシャレなお店が並ぶ)

この2つは船や電車で行き来できるので、3日間あれば両方観光できます。

▲夜の登打士街(ダンダス・ストリート)

登打士街は、九龍エリアにある巨大な繁華街。

簡単にいうとナイトマーケットのような通りなんですが、ここは有名なB級グルメの激戦区でもあります!

ほとんどの食べ物が5〜10香港ドル(68〜136円)で買えます。そして驚くほど美味しい。

香港ドルのレートは?

2019年10月10日現在、1香港ドル 13.68円です

さまざまな形の焼き餃子

▲焼き餃子の山 火傷に注意です。

甘いもの、辛いもの、牛、豚、鳥、シーフード。なんでもあります。

▲写真右下に餃子にかけるソースがあるのですが、バラエティの多さにワクワクします

でも、真っ赤なソースは激辛だったので注意です。

▲友人との1枚。シュウマイを食べています

シュウマイが熱々で、2人で口の中を火傷しました。

香港は夜が本当に楽しいので、もし行くなら体力を温存しておいてください。

見た目も最高 インスタ映えフード編

お次はインスタ映えフード編。

香港には思わず写真を撮ってインスタにあげたくなるような、可愛い食べものがあります。

一緒に香港旅行をした友人に連れて行ってもらったので、お店別に紹介します。

YUM CHA (ヤムチャ)

「YUM CHA」は名前の通り、飲茶(ヤムチャ)が食べられる香港の超人気店。

  • コーズウェイベイ店
  • セントラル店
  • チムサーチョイ店
  • モンコック店

香港に全4店舗あります。

私は「インスタ映え=高くて美味しくない」という捻くれた考えがあったのですが、いい意味で期待を裏切られました。

ここのお店は美味しかったです。なにより可愛い!

黒い飲茶(正野一健)
→ポークフロスが頭に乗った、キャベツ入り豚まん。3つで49香港ドル(670円)

ピンクの飲茶(紅都面埋)
→エビと豚ミンチの餡が入ったピリ辛な肉まん。3つで49香港ドル(670円)

黄色い飲茶(睇住流奶)
→中にカスタードクリームが入った、ホット溶かしカスタードパン。3つで49香港ドル(670円)

写真を撮りたくなりますよね。インスタ映えしたい気持ちが分かります。笑

可愛いから、食べるのが勿体なくなる。

▲1番美味しかった豚まん。

「一籠八戒」という名前で、甘辛いBBQ味です。3つで49香港ドル(670円)

可愛い顔はなんのその、頭からガブリといきました。

▲ほかにも、可愛い飲茶がたくさん。

飲茶だけではなく、デザートも飲み物も可愛い。

女性には絶対行ってほしいお店です!

<YUM CHAの情報>
【店名】YUM CHA
【住所】店舗によって異なるため公式サイトをご確認ください
【営業時間】店舗によって異なるため公式サイトをご確認ください
【公式サイト】https://yumchahk.com/?fbclid=IwAR2QU9cMruYKOAASfI1Sgt_6yeDskxVmkFjmDuNpe5Q2K0B0QlRTgsmb4VY

Oddies Foodies(オディーズ・フーディーズ)

エッグワッフルと濃厚なアイスクリームが合わさった、ダイナミックスイーツが楽しめる「Oddies Foodies(オディーズ・フーディーズ)」

香港では、Oddies Foodiesのスイーツが超大人気!

でも、待ち時間なくスムーズに買えました。

▲写真を撮る前に一口かじってしまった……

この卵型のワッフルは、鶏蛋仔 (ガイダンジャイ)と呼びます。

エッグワッフルのことなのですが、「生地を入れすぎてしまったベビーカステラ」と思ってもらって問題ないです。笑

▲ナイト・ウルフ 49香港ドル(670円)

見るからに甘そうですよね。でも、実は甘さ控えめ。

鶏蛋仔の生地はそれほど甘くなく、アイスも重たくなかったので食べやすかったです。

ペロリと平らげちゃいました!

<Oddies Foodiesの情報>
【店名】Oddies Foodies(オディーズ・フーディーズ)
【住所】香港 Central, Gough St, 45號號地下
【営業時間】12:30〜22:00
【公式サイト】https://www.facebook.com/oddiesfoodies

お腹が満たされる 本場の飲茶編

腸粉 チョンファン(海老や牛肉を米粉クレープで巻いた料理)

「腸粉」とは米粉の生地に、牛肉や魚介をまいて蒸した料理です。

ツルツルで柔らかくて、病みつきな食感。

醤油ベースのタレと一緒にいただきます。

叉焼包 チャーシューバオ(チャーシューを具にした包子)

「叉焼包」とは、簡単に言うとチャーシューマンのこと。

日本のチャーシューとは違い、香港のチャーシューは蜂蜜をたくさん使うので甘めの味つけです。

外もふわふわで絶品でした。

食べ歩きではなく、レストランでゆっくり味わってほしい1品です。

雲呑 ワンタン(四角い小麦粉の生地で餡を包んだ料理)

ワンタン麺が有名な香港。

それだけでお腹がいっぱいになってしまうので、ワンタンのみを注文しました。

大量のニンニクが、最高に相性抜群なんです。

ツルッ、ハフッ、ジュワー

でした!

口の中に入れると、肉汁が溢れ出てきます。ビール片手にこれだけを食べていたいほど美味しかった。

香港にくると「アレもコレも食べたい」となりますが、ワンタンだけを食べる夜を作りたいです。

それぐらい美味しい。

個人的にオススメしない食べ物編

蘿蔔糕 ローバッコウ(大根もち)

蘿蔔糕(ローバッコウ)とは、大根もちのこと。

香港のソウルフードです。

細切りの大根と米粉がたっぷり入って、モチモチ。美味しかった。とても美味しかったのですが、これだけでお腹にたまる。

色々な香港料理を楽しみたい私にとって、3枚だけでお腹いっぱいになるのは困ります。

大人数で食事をする時に、1皿だけ注文するのが丁度いいかもしれません。

水晶包 スイチンパオ(半透明な皮で餡を包んだ包子)

水晶包(スイチンパオ)とは、刻んだ野菜やエビなどの餡を半透明の皮で包んで蒸した、点心の一種。

小麦粉からタンパク質を取りのぞいた「浮き粉」を使うことで、半透明でぷるぷるの生地になるそう。

香港で注文した水晶包、温かいゼリーの中に野菜が入っていました。

これが言い表わせないほど不思議な食感で、何を食べているのかわからないんです。

決して不味くはない。でも、不思議。

菠蘿飽 ポーローパーウ(パイナップルパン)

 メロンパンのパイナップル版、菠蘿飽(ポーローパーウ)。

ほんのり甘いパンの間に挟まっているのは、四角形のバター。

見てください、この厚さ!

誰かのブログで読んで気になったので食べてみたんですが、分厚いバターが胃袋にズッシリとくる。

溶けたバターが染みたところは美味しいのですが、バターが厚すぎて溶けてくれません。

バターの量が多いから、写真の1/10の量でいいかも。

飲茶以外もある! 美味しい中華編

名前不明(肉入りおこわとご飯)

名前が思い出せないのが残念ですが、香港で美味しかった料理の1つです。

スープに浸っているのは、お肉入りおこわ。それをご飯の上に乗せて食べます。スープの味は濃いめで、ご飯にもおこわにも相性がいい!

けっこう、B級感あふれる一品。

日本ではなかなか食べれないので、ぜひトライしていただきたいです。

焼味飯 シュウメイファン(ロースト肉をご飯の上にのせた料理)

甘辛く味つけした豚、鶏、ガチョウをオーブンでパリッと焼いたのが、焼味(シュウメイ)。

豪快にぶつ切りにしたお肉を、ご飯の上に乗せて食べるのが香港流です。それを焼味飯(シュウメイファン)と呼びます。

香港を歩いていると、大きな肉が吊るされているお店をよく見かけます。すべて焼味が食べられるお店です。

有名なのが、ガチョウのお肉。シンガポールのチキンライスに似ていますが、お肉の味つけが全然違います。

基本的にハズレのお店はありません!

牛肉麺 ニュウロウミェン(煮込んだ牛肉のスープと麺)

食べかけで申し訳ない(撮るの忘れました)

牛肉麺(ニュウロウミェン)とは、牛肉を煮込んだスープと小麦粉の麺をあわせた料理のこと。これも、香港のソウルフードのようです。

麺はツルツルでするっと食べれます。食感はうどんに近い。

スープは牛肉とスパイスを何時間も煮込んで作らていて、少し独特な香りが。少しコッテリしたほろほろの牛肉と、マイルドな味わいが麺と相性抜群です。

甘いものは別腹 スイーツ編

カラフルなキャラクタードーナツ

香港ディズニーランド内にあるメインストリート・ベーカリーでは、こんな可愛らしいドーナツが買えます!

左からシェリーメイ、ダッフィー、デイジー、ドナルド、ミッキー、ミニー。

1つ42香港ドル(580円)と少しお高めですが、見た目よし、味よしなので記念におすすめです。

<香港ディズニーランド メインストリート・ベーカリーの情報>
【店名】Main Street Bakery(メインストリート・ベーカリー)
【住所】Lantau Island, 香港
【営業時間】10:30〜20:30
【公式サイト】https://www.hongkongdisneyland.com/ja/dining/hong-kong-disneyland-park/market-house-bakery/

香港とマカオ 2つのエッグタルトが楽しめる

有名な香港スイーツの1つが「エッグタルト」。

実はこのエッグタルト、

  • 焦げ目があるもの→香港のエッグタルト
  • ツルッとしてる焦げ目がないもの→マカオのエッグタルト

なんですよ!

香港では両方試せるので、ぜひ食べてみてください。

1つから販売していて、2口で食べれるくらいの大きさなので気軽に購入できます。

ちなみに私は両方試しましたが、マカオのエッグタルトの方が好きでした。

3店舗のエッグタルトを食べ比べしてみました。

1番美味しかったのは「幸運星 LUCKY STAR 」のエッグタルト。焦げ目がなく、つるっとしています。

出来立てアツアツが食べられますよ♪

<幸運星(LUCKY STAR)の情報>
【店名】幸運星珈琲室 Lucky Star Coffee Shop
【住所】香港 Causeway Bay, Pak Sha Rd, 1號3號地下
【営業時間】7:30〜23:00

クリームブリュレ乗せ スフレパンケーキ

▲バニラアイスがなぜか青かった

登打士街の屋台フードで、意外と人気があるのがスフレパンケーキ。

日本だと2000〜3000円しますが、こちらでは48香港ドル(660円)で購入できます。

そしてサイズ感もちょうどよく、食べきりサイズ。

am.pmのスフレパンケーキにはブリュレされたカスタードクリームが乗っていて、最高&最高でした。

生地はふんわりで簡単に食べられる。まさに「甘いものは別腹」ですね。笑

<am.pm エーエム・ピーエムの情報>
【店名】am.pm Hong Kong
【住所】Shop B, G/F, Grand Place, 560 Nathan Rd, Mong Kok, 香港
【営業時間】13:00〜23:00
【公式サイト】https://www.facebook.com/am.pm.hk/

飲茶に飽きたらこれ FIVE GUYSのハンバーガー

知る人ぞ知るアメリカの超人気ハンバーガー店、

FIVE GUYS(ファイブ・ガイズ)

まだ日本には上陸していませんが、香港にはあるのです!

本家アメリカ以外に、カナダ、フランス、イギリスなどに店舗がありますが、アジアでは香港にしかありません。

アメリカの有名なハンバーガー屋「In-N-Out」を抑え、アメリカ人が選ぶ「最も好きなハンバーガーブランド」で第1位になった事もあるほど人気店なのです。

FIVE GUYSは、冷凍肉や冷凍食品を使わないのが特徴。

牛肉100%のパテは、ふわふわジューシーです。ポテトはホクホク。

赤と白で「THE アメリカ」感がある外観。

FIVE GUYSの有名なところは、待ち時間にピーナツを無料で食べられること。

行列を待っている最中、ピーナッツをつまみながらレジに並びます。

欲張ってたくさん取ると、ハンバーガーが入らなくなるのでほどほどに。ちなみに、殻は下に捨てるのがアメリカ流。

日本人なら躊躇してしまいますが、あえて地面に捨てるのがカッコイイのです。

▲ボリューミーすぎるハンバーガー

▲顔と比較すると、大きさがわかります。

普通に食べきってしまいましたけど。

FIVE GUYSの面白いところが、ポテトを頼むとき。

「S M L」の中からサイズを選び、そのサイズのカップでポテトをすくい紙袋に入れてくれます。ですが、必ず「追いポテ」をして2杯目を袋にブチ入れるのです。

もはや、サイズを選ぶ意味などない!

ハンバーガーの入った紙袋の中に、ポテトも雑に入れて渡されます。ハンバーガーが埋もれるほどのポテトの量。

普通の女性は食べきれないんじゃないかな?

むしろハンバーガーまでたどり着けないかもしれませんが、食べきれなかったら袋ごと持って帰れますので安心してください。

<FIVE GUYS ファイブ・ガイズの情報>
【店名】Five guys
【住所】60 Johnston Rd, Wan Chai, 香港
【営業時間】11:00~22:00
【公式サイト】http://www.fiveguys.com/

増量覚悟で香港フードを楽しもう 

以上が香港フードの紹介でした。

4日間の香港旅行、かなり肥えました。笑

安くて美味しい食べ物、安いお酒、贅沢なスーツたち。

この旅を一言で表現するなら、酒池肉林(しゅちにくりん)でした。

みなさんも旅行に行った時ぐらい、ハメを外してみてください。もちろん自己責任の範囲でね!

▲ホテルで泥酔し、立ちながら寝ている私

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Ruby

小学生時にインターナショナルスクール、5年生で飛び級し、オーストリアの小学生へ転校&卒業。大学時代はアメリカ、シアトルに留学。社会人を経験後、ニュージーランドへワーキングホリデーへ。日本で再度就職したのち退職。2018年5月、マレーシアで再就職。巨大うさぎと2人暮らし。