ワーホリ中の私がオススメするメルボルン観光スポット レストラン ビーチ ナイトマーケット カフェ バーまで!

  • ブックマーク
  • Feedly

皆さんこんにちは、Bella(@bellabella8383)です!

早いことにワーホリ生活も2ヶ月が経とうとしています。楽しいと思う反面、時の流れの早さが恐ろしい…

そんな今回は、メルボルン観光スポットをご紹介したいと思います!

皆さんは、オーストラリアにどんなイメージをお持ちでしょうか?

海が綺麗、ワインが美味しい、コアラやカンガルーに会えるなどなど。メルボルンはオーストラリアの中でも、独特な雰囲気がある街のような気がします。

この記事を読んだら、きっとあなたもメルボルンに観光したくなること間違いなしです!

メルボルンミュージアム チキンパルマが有名なレストランの紹介

1.Melbourne museum

まず最初に、Melbourne museum(メルボルンミュージアム)を紹介します。

メルボルンミュージアムは、シティから歩いて15分から20分ほど。トラムもありますが、お散歩がてら歩くのもよさそうです。

ここのおすすめポイントはズバリ、無料で見学できちゃうんです! ただ、無料の条件は『学生証持参した場合』です。

一般入場料は、15ドルかかりますが(日本円で1130円)、とっても広くて見応え抜群。本物の虫が展示してあるのには驚きました。子供から大人まで楽しめるスポットです。

周りには映画や公園もあるので1日中楽しめます!

そしてオススメの写真スポットがこちら。インスタにもたくさんの写真が投稿されていました! 

トラムとは?

トラムとは、路面電車やLRT(路面電車の最新版)のこと

展示物の説明は英語なので英語の勉強にもなりそう。

ワーホリ中、学生ビザをお持ちの方は必見です!

<メルボルンミュージアムの情報>
【店名】Melbourne Museum メルボルンミュージアム
【住所】11 Nicholson Pl | Carlton, Melbourne, Victoria 3000, Australia
【営業時間】10:00〜17:00
【公式サイト】https://museumsvictoria.com.au/melbournemuseum

2.Universal Restaurant

メルボルンミュージアムと合わせて行きたいのが、Universal Restaurant(ユニバーサル・レストラン)です。

シティとミュージアムの間に位置しています。

とっても並んでいましたが、店内が広いせいかそれほど待たずに入ることができました。

みてください、この大きなチキンパルマ!(このお店ではUniversal Chicken Parmigianaと注文しました)

チキンパルマとは?

チキンパルマとは、チキンカツの上にトマトソース&チーズがかかったメルボルンの名物料理のこと

チキンパルマのせいでピザが小さく見えますが、実はこのピザ、Lサイズ。

もちろんピザも大きいですが、とにかくチキンが大きいんです。この値段で14ドル(1060円)なのでとてもお得。

実際のメニューがこちら。

私もオーストラリアに来るまで、この料理の存在を知りませんでした。

歩いていてあまりの行列に驚き、身体が勝手に並んでいたのですが、チキンパルマはメルボルンの名物料理のようなので、メルボルンに来た際は絶対に食べて欲しい1品です!

<ユニバーサル・レストランの情報>
【店名】Universal Restaurant
【住所】141 Lygon St, Carlton VIC 3053 オーストラリア
【営業時間】11:00〜23:30
【公式サイト】https://www.universalrestaurant.com.au/

メルボルンシティからトラムで行けちゃう!ビーチ2選

1.St Kilda

シティからトラム(路面電車)に揺られること30分。

広々としたビーチ、St Kilda(セントキルダ)に到着します。

私が行ったのは5月でしたので、泳いでいる人はさすがにいませんでしたが、愛犬とお散歩している方がたくさんいました。セントキルダと言えば、夜に野生のペンギンが見れることで人気のスポット。

21時頃に行くと、たくさんのペンギンを間近で見られました。

▲セントキルダで見掛けたペンギン

思っていたよりも、小さくて可愛い。

でも、鳴き声にはびっくり。岩に隠れているので探すのも楽しいですよ!

また、セントキルダビーチのいいところは、海が綺麗なのはもちろんルナパーク(Luna Park)が近くにあるということ。ルナパークとは、100年以上の歴史を持つレトロな遊園地です。

シドニーにもあり、名物のエントランスゲートの顔が少し違うことで有名のようです!

メルボルンのルナパークは、平日休みなので注意してください。土日のみ入場可能となっています。ちなみに入場料は5ドル(380円)ほど。

アトラクションは子供向けのものが多く、正直1時間もいれば飽きてしまうと思います。でも、海外っぽいアトラクションは見るだけでも楽しいです!

その中で絶叫マシーンを見つけました。『THE POWER SURGE』です!(エントランス料金にプラス500円ほどで乗れました)絶叫が好きな方はぜひ一度チャレンジしてみてください!

そしてもうひとつ、セントキルダビーチ近くにぜひ訪れて欲しいスポットが。アクランドストリート(Acland Street)です。ルナパークを正面に少し歩くと、たくさんのお店が現れます。

可愛いケーキ屋さんに目を惹かれますが、どこも老舗のような雰囲気が漂っています。

今回私が紹介するのは『Piccolina Gelateria』というジェラート屋さんです!

店内の可愛さと、フレーバの多さに驚きました!

私が食べたのは、ピスタチオとパッションフルーツ(この写真はパッションフルーツです)

とっても濃厚でクリーミー。キッズサイズ、値段は4.8ドル(371円)でした。フィッツロイにも店舗があるようです!

<ピッコリーナ・ジェラティアの情報>
【店名】Piccolina Gelateria ピッコリーナ・ジェラティア
【住所】137 Acland St, St Kilda VIC 3182 オーストラリア
【営業時間】12:00or14:00〜22:00
【公式サイト】http://www.piccolinagelateria.com.au/

2.Brighton beach

オススメのビーチ2つめは、Brighton beach(ブライトンビーチ)です!

ブライトンビーチの場所は、先ほど紹介したセントキルダの海沿いを少し進んだあたりにあります。

シティからはトラムを使って、1時間ほどかかります。ここに到着しての印象ですが、とにかく人が多い!

おもちゃのような可愛いお家が、ズラっと並んでいるのが見所。

私は6月のオフシーズン、14時前に到着しました。それでも、観光客ですごい人でした。とくにオーストラリアの国旗が描かれたお家には、写真を撮るための行列が。

夏にはもっとすごい人でにぎわうとのことだったので、人混みが嫌いな方は朝早く行くことをオススメします。オフシーズンだったせいか、ビーチの周りには特に何もなかった印象です。

ランチをしたのがこのお店『Little sister bright』

テラス席もあり壁紙やライトもおしゃれでとっても気に入りました。

店員さんオススメのランチメニューもとても美味しかったです。そしてアルバイトなのかわかりませんが、ウエイターの女の子がとんでもなく可愛くて見惚れていました。笑

インスタでもたくさんのメニューが紹介されていたので、ブライトンビーチに行った際はぜひチェックしてみてください!

<リトル・シスター・ブライトンの情報>
【店名】Little sister bright リトル・シスター・ブライトン
【住所】350 Bay St, Brighton VIC 3186 オーストラリア
【営業時間】7:00or8:00〜16:00

昼も夜も楽しめる! Queen Visitor Market

メルボルンには、いくつかのマーケットがあります。

アクセスもよく有名なのが、Queen Visitor Market(クイーンビクトリアマーケット)。シティからは歩いて15分ほどです。クイーンビクトリアマーケットの営業時間ですが、曜日によって異なります。

月曜がお休み。そしてこの時期、毎週水曜日はウインターナイトマーケットが開催されています!

マーケットといっても、メインは食事。野菜やフルーツは、ほんの少ししか売っていません。昼とはガラっと雰囲気が変わります!ライブもしているので毎週がお祭りのよう。

ここではちょっとしたお得な情報を紹介したいと思います!

昼と夜で値段が違う 人気のドーナツ

クイーンビクトリアマーケットで有名なのが、ドーナツ屋さん『AMERICAN DOUGHNUT KITCEN』です。

トラックで販売しているのがまた海外っぽくて可愛い!

私は昼間3回、ナイトマーケット3回、計6回マーケットに行っていますが、いつも行列!

そこであることに気づきました。なんと、昼と夜で値段が違うのです。

通常時 5個で6.5ドル(492円ほど)
水曜日の夜 5個で8ドル(607円ほど)

私のような学生にとって、この差は大きい!

とはいえ、中にジャムが入っている揚げたてのドーナツは絶品。ぜひ1度は食べてみたいものです!

ナイトマーケットの混雑は学生の長期休みを避けて 17時以降に行けばOK

とにかくにぎわっているナイトマーケット。

どうせ行くなら、少しでもスムーズに楽しみたいところ。

私は6月と7月に行ったのですが、ここで気になったのが「にぎわい方が全然違う!」ということ。

▲6月後半、ナイトマーケットオープン直後の17時にいったときの写真

混雑はしていましたが、食べ物も5分から10分ほど並べは購入できました。

▲こちらは7月前半、20時頃にいったときの写真。

この日は中に入りましたが、どのお店も長蛇の列で購入を諦めたほど。歩くのもやっとです。

写真を見比べると、その差は一目瞭然ですよね!

それもそのはず、7月はオーストラリアの学生が冬休みに入った模様。確かに若い学生のような姿が目立ちます。その姿はナイトマーケットだけでなくシティ内も。

ナイトマーケットに行く際にはなるべく学生の休み期間をさけ、17時のオープンを狙って行くのがベストです!

また、野菜などを購入する際は、必ずエコバックを持参してくださいね!

これはメルボルンで買い物するときも同様、基本的に袋は有料です。

ハッピーアワーに行きたいMelbourne Central

メルボルンにきて驚いたのは、ハッピーアワーの看板が多いこと!

私は3時すぎに授業が終わるので、帰り道のハッピーアワーに飲むことが多いですが、現地の人もそのようです。

ここでオススメしたいのが、Melbourne Central(メルボルンセントラル)

大きな時計があるショッピングモールです。「メルセン」と呼んでいます。

地下が駅(Melbourne Central station)になっているので便利なのはもちろん、建物内で買い物も食事もカラオケも、ボーリングも、映画だって楽しめちゃいます!

ハッピーアワーの時間帯ににぎわっている、2つのお店を紹介します。

1.ASIAN BEER CAFÉ 通称 ABC

アジアン・ビール・カフェはとにかく、ビールが安い!

オーストラリアではJUGと言いますが、日本でいうピッチャーのようなもので、これが9ドル(680円)と衝撃の安さ。グラスをもらってみんなでシェアしていました。ビールの種類も選べるので、楽しいです!

メルボルンのハッピーアワーでは、基本的にビールとワインが格安。カクテル系は高く、倍くらいの値段がします。

実際のメニューがこちら。

ハッピーアワーは16時〜20時までの4時間。しかも、毎日開催しています!

アジアンテイストの店内は、雰囲気も良くテラス席もありかなり広いです。

2.Melbourne Central Lion Hotel

メルボルンセントラル・リオン・ホテルは少し大人なBAR。

スポーツ観戦やビリヤードができちゃいます!

店内は少し高級感もあり、デートにも良さそうです。先ほど紹介した『ABC』と合わせて行ってみても楽しそうですね!

バーに行く際には必ずパスポートを忘れずに。入場できない場合もあります。

<メルボルンセントラルの情報>
【店名】Melbourne Central
【住所】Cnr La Trobe St &, Swanston St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
【営業時間】10:00〜19:00
【公式サイト】https://www.melbournecentral.com.au/home

オーストラリア・メルボルン観光スポットまとめ

今回はメルボルンのオススメスポットを盛りだくさんで紹介しました。

まだまだ、メルボルンの魅力はこんなもんじゃありません!

紹介したい有名どころはまだまだたくさんありますので、今後もどんどん紹介していきます。

どうぞお楽しみに!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Bella

Bella

2019年5月からオーストラリアへワーホリ中。大学卒業後、3年半の社会人経験を経て、英語力ゼロからの海外生活初チャレンジ。オーストラリア滞在の目標は友達100人作ること