シドニーでワーホリしながら住み込みベビーシッターをする私の休日の過ごし方

  • ブックマーク
  • Feedly

皆さんこんにちは、Bella(@bellabella8383)です。

4ヶ月の学校生活が終わり、9月後半より新しい生活がスタート。私はメルボルンの学校生活をおえると同時に、シドニーに引っ越しました。

友達も知り合いもいない場所での生活に不安はありましたが、新しい出会いや発見があると思うとドキドキ。

でも、なぜシドニーに?

前回の記事でも紹介したように「シドニーに住む」が目標だったから。そして「オーペア」という仕事が見つかったから。

今回はオーペア生活の中で私がどのような週末を過ごしているか、そしてシドニーらしい休日の過ごし方を皆さんにお伝えします。

オーペアとは住み込みベビーシッターのこと

はじめに、オーペアについて簡単に説明します。

オーペア(au pair)はフランス語。「住み込みベビーシッター」を指します。

生活に必要なすべての費用が無料。ときには、携帯代まで負担してくれる家庭もあるとか。オーペア先によって働く時間は異なり、またお給料をいただける場合もあります。

オペア(オーペア、仏: au pair)は外国にホームステイして現地の子供の保育や家事をする見返りに滞在先の家族から報酬をもらって生活する留学制度のことである。オーペア、マザーズヘルプとも言われる。滞在先の家族は人を雇う金銭的余裕が必要なので、オペア受け入れの制度は先進国で浸透しているケースが多い。

引用元:Wikipedia オペアより

私は今、3歳の目が透き通った、天使のような男の子がいる家庭の中で暮らしています。

私がどうしてオーペアの仕事をしたかったのか、そしてどのようにオーペアの仕事を見つけたのか。

これについては、また別の記事で紹介したいと思います。

オーペアの休日スケジュール 金曜は夜から 土日は自由行動ができる

私の休日のスケジュールを紹介します。

★金曜日 19時以降フリー

★土曜日 1日フリー

★日曜日 1日フリー

金曜日は予定があれば外出しますが、市内と自宅が離れていてバス移動になるので、滅多に出かけることはありません。

夜はブログを書いたり、土日の下調べをしたり、YouTubeを見たり、英語の勉強をしたりして過ごしています。

休日はとにかく外出します。私が外出が好きなのももちろんですが、実はこの仕事、プライベートな時間がきっちりと分かれていません。そりゃそうですよね。同じ屋根の下で暮らしていますから。

もちろん、すべてを覚悟して、この仕事をはじめました。ただ、休日は絶対に外出したくなるのが正直なところ。子供が小さいので、平日は飲みに行ったりはしません。

飲みに行ったとしても、酔っ払って帰ってこないというのが約束。

ただ、たまには酔っ払いたくなるときもある! 笑

お酒が強くないので元から飲む方ではありませんが、たまには土曜日の夜中までワイワイ騒いで、日曜の朝帰ることもあります。

ではここからは具体的に私がどんな休日を過ごしているのか、シドニーの魅力と共にお伝えします。

土曜日は地元のマーケットを楽しむ

シドニーにきて驚いたのが、毎週各地でさまざまなマーケットが開催されること。

私はまだ1ヶ所しか行ったことありませんが、規模の大きさにびっくりしました。

私が行ったのは、Glebe Markets(グリーブマーケット)。

こちらのマーケットでは洋服、手作りの雑貨、フードも充実して、かなりにぎわっていました。私はそれぞれのお店の隅にある、5ドルコーナーや2ドルコーナーばかりみていました。

その結果、定価40ドルの新品トップスを2ドルでゲット!

▲Glebe Marketsの様子はこの動画をチェック。公園で自由に寝そべっている人たち。さすがオーストラリアですね。

Glebe MarketsのHPはこちら

Glebe Marketsの周りは、商店街のようでカフェも充実しています。

私は事前に調べていた、Badde Manors cafe(バッド・マナーズ・カフェ)に行きました。

▲お肉の塊のようなマッシュルーム、これとっても美味しかった。

<バッドマナーズカフェの情報>
【店名】Badde Manors cafe
【住所】37 Glebe Point Rd, Glebe NSW 2037 オーストラリア
【営業時間】7:00〜24:00
【公式サイト】http://baddemanorscafe.com.au

毎週通うダーリングハーバー 見所は絶景の夜景と花火

まだシドニー生活は1ヶ月ほど。

ですが、毎週欠かさず行っている場所があります。それはDarling Harbour(ダーリング・ハーバー)

ここはシドニーにきた人なら、誰もがいく有名な観光スポット。理由は、水族館、博物館、ショッピングモール、映画館、高級ホテルまで。そして、カジノまで楽しむことができるから!

そして驚くことに、毎週土曜日の夜には花火があがります。

▲Darling Harbourと花火の様子はこんな感じ

時間は10分くらいなので長くはありませんが、贅沢なシドニーの夜景と、花火を毎週楽しめるなんて贅沢すぎませんか。夕食を食べたあとに花火を見て、帰宅するのが私のお決まりコースです。

花火の時間は時期によって異なるので、注意してくださいね!

<ダーリング・ハーバーの情報はこちら>
【店名】Darling Harbour
【住所】Sydney NSW 2000 オーストラリア
【営業時間】お店によって異なるためHPからご確認ください
【公式サイト】https://darlingharbour.com/

ダーリングハーバー周辺でカフェの開拓

また夜だけでなく、昼間もとっても楽しいダーリングハーバー。

カフェやレストランも、数え切れないほどたくさんあります。

私はカフェを開拓中。お気に入りのジェラート屋さんGelato Messina(ジェラート・マシーナ)を見つけました。

Gelato Messinaのジェラートは、ビクトリア州ヌムルカにある農場の新鮮なジャージーミルクで作られています。

▲ジェラートが作られている様子

フレーバーの種類は、

  • アップル
  • ブラッドオレンジ
  • チョコチップ
  • ボイズンベリー
  • チョコミント
  • コーヒー
  • レモン
  • マンゴー

などなど。

その他にもたくさんのフレーバーがあるので、毎週ちがう味を食べたくなります。

卵なし、ヴィーガン対応のフレーバーまであるそう!

<ジェラート・マシーナの情報>
【店名】Gelato Messina The Star
【住所】level g/80 Pyrmont St, Pyrmont NSW 2009 オーストラリア(その他、複数の店舗あり)
【営業時間】11:30〜23:30
【公式サイト】https://gelatomessina.com/

日曜日は公共交通機関が200円ちょっとで乗り放題

これも、シドニーにきて驚いたこと。

日曜日の公共交通機関が激安なんです。日本じゃ考えられない、たったの2.8ドル(205円)で1日乗り放題!

しかも、電車、バス、フェリーすべてOK。どこまでも遠くへ行けちゃいます。

こんなに安いのに、外出しない理由がありませんよね。ちょっとフェリーに乗るだけで、観光しているような非日常な気分を味わえます。

そのためシドニーでは、日曜日は遠出をする人が多いのだとか。

シドニーならではの過ごし方で休日を満喫

メルボルンの語学学校生活とは違い、平日はほとんど家を出ることがないオーペアの仕事。

だからこそ、週末がとても楽しみで、充実した時間を過ごせるのだと思います。

逆に言えば、オーペアの仕事をしているだけではシドニーでひとりぼっち。学校に行っていなので、友達は自発的に行動して見つけるしかありません。

今回紹介した遊び方以外に、ランゲージエクスチェンジで海外の友達作りをしたり、日本人主催のイベントに参加したり、コミュニティを広げる努力をしています。

知り合いもいないので寂しい気もしますが、ここは「自分の英語力と、コミュニケーション能力を試せる絶好の場所だ」とプラスに捉えています。

次回は、「住み込みベビーシッターの平日の過ごし方」についてお伝えしていきます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Bella

Bella

2019年5月からオーストラリアへワーホリ中。大学卒業後、3年半の社会人経験を経て、英語力ゼロからの海外生活初チャレンジ。オーストラリア滞在の目標は友達100人作ること